自分の設計から製品が生まれ、使われる喜びがある

就職活動の中で気づいた"ミシン"の存在

家庭用機器研究開発部 開発第一グループ 尾家 武志 2003年入社

私は大学で機械工学を専攻し、就職時も機械系を志望していたのですが、その中でもできれば一般の人が使う製品を設計したいと考えていました。しかし、家庭にある機械的な製品といえば多くが家電製品であり、私が特に希望した歯車やカムといった機構を主体としている製品が実は少ないのです。その中でミシンは珍しい存在であると気づき、この分野もいいかもしれないと思ってジャノメにアプローチしたんです。就職活動時には、人事担当の方が親身になってこまめに連絡をくださり、とても家庭的な印象を受けました。入社後の研修でも1週間ほど実際の生産ラインで手取り足取り組み立てを教えていただくなど、先輩社員からの丁寧な指導を受けましたし、いい意味で日本企業の良さを残している会社だと感じたものです。

喜びは、納得できる製品をつくること

家庭用機器研究開発部 開発第一グループ 尾家 武志 2003年入社

入社した2003年の秋に、現在の部署の前身となる開発部門に配属され、その翌年には生産工場であるジャノメ台湾へ出向となりました。そこでの仕事は新機種の部品づくりに始まり、組み上がった試作品の性能チェックなど、まさにものづくりの最前線。非常に忙しい毎日で、出向社員数人での共同生活という得がたい経験もでき、振り返れば充実した2年間でした。その後、帰国してからはミシン設計の仕事に携わり現在に至っています。今は営業部門からの要望を受けて、新製品に関わる新機能を実現するための機構開発や、様々な部品の改良などに取り組んでいます。自分で納得できる製品を設計できること、製品として形になり、工場の棚に何百、何千と並ぶのを見ることに喜びを感じます。また、一般の方のブログに自分の担当した製品が出ていたりすると、“ああ、つくって良かった”と、うれしくなります。

"ちょうどよい規模"の働きやすさ

ジャノメは伝統のある会社ではありますが、組織の規模が大きすぎない点では自分の意見や希望も通りやすいですし、小さすぎないという面では、ある程度高価な設備にお金をかけられるという、両方の良さを兼ね備えていると思います。研究開発職を目指す人には新製品開発はもちろんのこと、将来へ向けての基礎的な研究を行う部門もできましたので、研究の仕事をより深く追求したいという人にも、力を発揮してもらえる環境があると思います。さらに、子育て支援制度も充実し、社員が働きやすい会社です。就職活動中の皆さんがジャノメという会社に興味をもっていただけたら、とてもうれしく思います。一緒に新しい挑戦に臨めることを楽しみにしています。

(2015年2月掲載)

家庭用機器研究開発部 開発第一グループ 尾家 武志 2003年入社
メールの確認と要望への対応
出社後、まず本日のスケジュール確認。それから社内外から届くメールの確認と返信、そして要望への対応。メイン業務がミシンの機構設計なので、特に午前中は3D-CADを使っての設計業務を集中して進めます。
お昼休憩
試作部品の組み立て、動作確認
この日は、昼食後、試作した部品を組み立て、動作確認。その後商品試験グループへ試験依頼。
ミーティング
本日はここからミーティングの連続…。まず部内で業務の進捗と問題点の確認。その後営業・企画部門と新製品の仕様決定のミーティング、それから生産管理部門と開発スケジュールについての問題解決ミーティング。3つのミーティングが終了すると部内の後輩部員のサポートで設計図面のチェックや相談に乗る。
業務終了
この日は水曜日のため、ノー残業デー。しかも2歳の娘をお風呂に入れる係りの日なので、即退社。

先輩社員インタビュー

募集要項・エントリー
ページトップへ