じっくりと、自分の生き方をみつけてください

自分のできることから始めた関係づくり

国内営業第一部 営業グループ 柏崎 千春 2005年入社

国内のミシン販売代理店向けの営業を担当しています。代理店と一言で言っても、インターネット販売から、家電量販店、大型スーパー、いわゆる街のミシン屋さんである路面店と販売チャネルが分かれ、それぞれに合わせた商品をご提案し、販売促進をお手伝いする仕事です。相手が違えば、ニーズも異なり、それに応える対応が必要になります。例えば、路面店であれば相手は個人商店の社長さん。ミシンの商品知識が豊富で、修理技術もお持ちです。入社数年では知識や経験でかなわない部分が多かったものですが、フットワークの軽さや資料づくりのお手伝い、またPOPを考えたりと、自分のできることから始め、何度も通って信頼を築いていく、そのようにして人と人との関係を大切にしながら仕事を進めてきました。

イメージを変えた古着屋さんのミシン

国内営業第一部 営業グループ 柏崎 千春 2005年入社

就職活動時、最初は漠然と「ものづくりの世界」に飛び込みたいというイメージをもっていました。製造メーカーの中でミシンを意識したのは、当時古着にハマっていて、古着屋さんの店員がミシンでリメイクしているのを見たのがきっかけです。古い道具というイメージだったミシンによって商品が新しく生まれ変わる技術を見て、新鮮な感じを受けました。調べてみると、ジャノメは世界を市場にしている家庭用ミシンのトップブランドということで、そこで働いてみたいという気持ちが生まれました。
実際に入社してみると、当時は年の離れた先輩が多かったのですが、皆さん優しくて非常に穏やかな雰囲気の職場という印象。その中にも品質への自信やブランドへの誇りを感じ、ピリッとした空気感を感じたことを憶えています。

"ONとOFF"のメリハリから生まれるモチベーション

私は営業の仕事ですから、売り上げ目標があり、それを達成できた時の喜びは大きなものがあります。しかしそれだけでなく、代理店から「いつもよくやってくれるから、ジャノメを売るよ」と声をいただき、実際にご提案した商品が店頭に並ぶのを見ると、頑張った甲斐があった!とうれしさがこみ上げます。そして、家に帰れば、夫であり、父親である自分にとって、仕事が充実しているからこそ、"ONとOFF"のメリハリがつけられ、どちらにもよいモチベーションが生まれると感じています。私は社内結婚で、妻は丸3年の育児休暇の後に復帰して今同じフロアで働いています。育児や介護に関する制度の充実をはじめ、先輩からも、「今日は早く帰れよ」といった声をかけてもらえる。そんな温かい雰囲気もジャノメの魅力です。これから社会へ出る皆さんは、自分が仕事をもち、家庭をつくり、さらにその先の人生をどう送るかを想像するのはなかなか難しいと思いますが、ジャノメは社員を大切にする会社です。ここで、少しずつ自分の人生を見つけながら、世界のミシンブランドに誇りをもって一緒に働きましょう。

(2015年2月掲載)

国内営業第一部 営業グループ 柏崎 千春 2005年入社
電話対応と代理店訪問の準備
子供を保育園に預けてから急いで出社(朝はいつも走っています(笑))。妻もジャノメの社員なので送り迎えは交代でやっている。午前中は、訪問のアポ取りの電話や代理店からの電話への対応。大量のメールをチェックし返信と処理。その後代理店訪問準備。
お昼休憩
代理店へ販促提案
午後から、代理店2社を訪問し、今度発売する新商品の提案や販促提案、そしてカタログの説明。代理店からいただくお客さまからの情報はとても貴重で、勉強になる。その情報は部内でも共有し、開発へも伝え、次の商品開発に活かしてもらう。
カタログ準備と営業会議
この日はいつもより早めに帰社し、その後、新商品のカタログやPOPの作成準備、営業会議をこなし、デスクに戻り部門売上など数字の集計。
営業日報を作成し業務終了
営業日報を作成し、ようやく本日の業務終了。
毎日決まって仕事をする…というより、代理店の売上を上げることが仕事なので、できるだけ代理店に伺えるように心がけてスケジュールを立てている。

先輩社員インタビュー

募集要項・エントリー
ページトップへ