多彩な仕事の中で、知識と経験を積み、成長を実感しています

入社前からミシンは身近な存在だった

総務部 法務グループ 石澤 純 2016年入社

就職にあたって、生活の中にある製品を扱っている企業で働きたいという思いがあったことが、ジャノメを志望した大きな理由でした。私にとってミシンは、祖母が服飾の学校出身でよく洋服をリメイクしていたり、私自身も学生時代にアルバイトでミシンを使っていたりと、身近な存在だったんです。入社して感じたのは、歴史のある落ち着いた企業という一方で、決して昔ながらのお堅い会社ではなくて、とても明るい雰囲気で働きやすいという印象でした。最近、働き方改革の必要性が叫ばれていますが、当社の場合はもともと長く働くほど評価されるわけではなく、上司からも休みをとりなさいと言ってもらえます。休むことでリフレッシュでき、また仕事に集中できますので、そういった面でも働きやすい職場だと思います。

数字には表れないやりがいがある

総務部 法務グループ 石澤 純 2016年入社

現在、私は総務部法務グループに所属し、各部署から上がってくる契約書のチェックや顧問弁護士への連絡などの法務に関わる仕事とともに、同部の総務広報グループの業務にも携わっています。株主総会などの株式関連業務から学生さんの会社見学の対応、ホームページの更新まで幅広い仕事内容です。総務と言えば一般的に縁の下の力持ちというイメージで、営業職と違って頑張った結果が数字で見えることもありません。それだけに仕事のやりがいも感じにくいと思われがちですが、会社全体の流れを把握できる部署であり、他では経験できない多彩な業務に携わることができます。仕事には法律や株式関係など幅広い専門知識も必要になります。日々勉強を続けて知識を身につけ、経験を積んでいく。それによって自分自身の成長を実感できること、これがやりがいですね。

しっかりした基盤で、夢を受けとめられる企業です

自分だけの視点ではなく色々な方向から物事を考えられるようになってきたことも、成長の一つかもしれません。例えば株主向けに発行している「株主通信」の文章一つとっても、自分がこう書きたいと思って表現したものについて、株主の方はどう受け取るか、あるいは社内の他部署の立場からするとどう思うかなどと先輩から指摘されて、書き方を変えることもあります。そういった経験を重ねながら視野を広げられたと感じています。ジャノメは長い歴史を歩んできた企業ですから、その伝統に支えられた基盤がしっかりしていて、どの部署に配属されても成長できる環境が整っていると思います。就職活動に臨む学生の皆さんは、企業研究に時間を費やすだけでなく、今一度自分が何をしたいのかを問い直し、それを実現できる道を探すことも大切ではないでしょうか。ジャノメは様々な将来への夢を受けとめられる企業だと思います。

(2018年1月掲載)

総務部 法務グループ 石澤 純 2016年入社
各部からの契約書をチェック
各部署から取引基本契約書、業務委託契約書、秘密保持契約書といった契約書の確認依頼を受け、契約する経緯や、書類に不備がないかをチェックし、疑問点があれば担当部署に確認。その上で、顧問弁護士に最終リーガルチェックを依頼。英文の契約書を確認する機会も多々あり、英語と格闘の日々・・・
お昼休憩
同期と会社近くのファミレスへ。いい気分転換に。
定時株主総会に向けた打ち合わせ
株式会社にとって重要事項などを決める最高意思決定機関である株主総会の準備は、開催の半年以上前から時間をかけて念入りに行う。会社法などの専門知識が必要なため、上司や先輩に教わりながら、資料を読み込んで勉強。
ホームページの更新
当社の社外向けホームページに、決算に係る資料や展示会への出展、新製品リリースについてのお知らせをアップ。今、皆さんが見ている採用サイトの更新も担当しています。
部内を清掃し、業務終了
総務部では週に1度、交代制で清掃を行っている。部屋が綺麗だと、仕事のモチベーションもアップ。
最後に翌日の予定を確認し、業務終了!

先輩社員インタビュー

募集要項・エントリー
ページトップへ