製品の技術サポートを通じて、ジャノメファンを増やしていきたい

産業機器と暮らしとの繋がりを知る面白さ

産業機器エンジニアリング部 設計グループ 水上 綾子 2005年入社

大学では機械工学を学び、就職にあたって家電や印刷機など日常の暮らしに近い製品を作っているメーカーを志望する中で、ジャノメに目がとまり入社に繋がりました。最初の1年ほどはミシン開発に携わり、その後は現在まで産業機器に関わっています。産業機器はもともとの志望動機だった生活関連製品ではありませんが、例えば当社の卓上ロボットによってスマートフォンなど生活の中心を担っている製品が作り出されているのを見ると、間接的ではあっても生活との関わりがわかり、仕事のやりがいを感じることができます。技術系の職場というと男性中心のイメージがありますが、私の部署でも女性スタッフが頑張っていますし、最近は技術系に女性が多く採用されています。当社の場合、産休を取った後に時短勤務を経て以前と同様に職場復帰するという働き方が定着していますので、ワーク・ライフ・バランスの面で非常に恵まれた職場だと感じています。

国内外のお客さまの声に応えていくために

産業機器エンジニアリング部 設計グループ 水上 綾子 2005年入社

現在、私は産業機器の営業部門において、技術サポート部隊として働いています。主に、お客さまや営業部員からの技術問い合わせ対応や営業用デモ装置の設計や製造等を行い、ときには営業部員に同行してお客さまの元で直接サポートを行うこともあります。製品についてより深く理解していただき、機能を最大限にお客さまの現場で役立てて、ジャノメのファンになっていただくための仕事といえるでしょう。ですからお客さまとの距離がかなり近く、ときには苦情を聞く場面もありますが、実際に製品が活用されている状況を自分の目で確かめられる満足感は大きいです。海外のお客さまに対するサポートも行っていますので、ヨーロッパ、アメリカ、アジアなどへの出張も頻繁にあります。様々な現場で直接ユーザーの方と話すと、相手はこちらの専門に関わらず、様々な困りごとを伝えてきますので、それにお応えするために幅広い専門知識を持っている必要があります。そのための勉強は大変ではありますが、知識の幅を広げ、実力をつけていくことで自分自身が成長できる喜びを感じています。

高度な技術知識が活かせるミシンの世界

ジャノメはメーカーでありながら直販も行っていたり、世界有数のミシンメーカーとして販売の舞台も世界に広がっていたりと、その企業活動には多彩な面をもっていますので、一人ひとりの個性を活かして働ける職場だと思います。また、ミシンと産業機器は非常に精巧な動きを求められる機械であり、その開発には基礎から最新までの深い技術知識が必要です。学生時代にしっかりと勉強されて、それを実際の製品に活かしていきたい人にとっては魅力ある領域だと思いますので、理系の学生さんにもぜひジャノメを視野に入れていただきたいですね。

(2018年1月掲載)

産業機器エンジニアリング部 設計グループ 水上 綾子 2005年入社
メールチェック、返信
営業部員やお客さまからの技術問い合わせが入っている場合、回答を行う。基本的に問い合わせは急ぎのものが多いので、他の作業中でもメールは常にチェックし、必要に応じて対応。
デモプログラム作成
お客さまから要望が来ている場合には、動作のサンプルとなるデモプログラムを作成。工業用ロボットは、一般向けの製品と異なり使い方が様々なため、こうした販売前後のサポートが重要になる。
お昼休憩
デモプログラム作成
引き続き、お客さま対応。こうしたサンプル作成の際は、自社製品だけでなく、組み合わせて使用する他社製品の知識も必要とされる場合が多く、日々勉強。
資料作成
問い合わせや要望の対応内容を資料にまとめ、今後同様の話があった際に迅速に対応できるよう備える。
業務終了
緊急の案件がある場合は残業して対応するが、基本的には定時で業務終了。

先輩社員インタビュー

募集要項・エントリー
ページトップへ