JANOME 100th YEARS since 1921

ソーイングを便利に、楽しく、快適に。
創業から変わらないジャノメの願いを込めて。

ジャノメ100周年記念モデル 登場

100周年記念モデル

Epolku(エポルク)

レトロ・デザインと味わいのある色調。
まるでこだわりのインテリアのような暮らしになじむミシンです。

くわしく見る

100周年記念モデル

ANNIVERSARY HYPER CRAFT 850

ジャノメのDNAを受け継いだ、使う人にやさしい機能とシンプルなたたずまいの刺しゅうミシンです。

くわしく見る

Thanksモデル

SECiO 9720P

ピーターラビット™の刺しゅうデザインを搭載した、ジャノメ初のキャラクター刺しゅうミシンです。

くわしく見る

初めては、いつもジャノメから。

技術⼒そして使う人への思いで100年間、新しいミシンづくりに挑戦してきました。

1921(大正10)

JANOME 国産化第一号ミシン

国産ミシンを創り、育てたジャノメの原点

この年、ジャノメの起源となる「パイン裁縫機械製作所」が創業し、国産化第一号といわれるミシンが完成しました。ジャノメの歴史は、日本のミシンの歴史そのもの。以来、一世紀にわたって人々の暮らしに寄り添い、手づくりの喜びをささえ続けてきました。

1979(昭和54)

JANOME 日本初コンピュータミシン

コンピュータでミシンの飛躍的な進化を実現

日本初のコンピュータミシンを発売。“記憶させて縫う”という画期的な特徴を備え、初心者でも簡単な操作で多彩なステッチが縫えるようになりました。誰もが自由に扱えるコンピュータミシンの登場で家庭用ミシンの普及がさらに進み、暮らしの中でソーイングを楽しむ⽂化が広がりを⾒せました。

1991(平成3)

JANOME 家庭用刺しゅう機能付きコンピュータミシン

「家庭用刺しゅう機能付きコンピュータミシン」を発売

初めて大型刺しゅうを可能にした家庭用ミシンの販売を開始。タッチパネル操作で使いやすさが格段に向上したことも大きな特徴でした。家庭用刺しゅうミシンのパイオニアとなった本機は、その後さらに性能を向上させ、現在の刺しゅうミシンへと受け継がれています。

そして次の100年へ。

ジャノメはさらに素敵なソーイングライフの実現をめざし、皆さまの暮らしとともに歩んでまいります。