ジャノメミシンの軌跡
  • 大正~昭和30年代
  • 昭和40年代~
  • 平成~
こちらのマークにマウスをあわせていただきますと、当時の様子がご覧いただけます。 年代 製品情報 会社・経営情報
昭和後期
1965

東京・中央区京橋に本社ビル完成。「Hラインコアシステム」という当時世界で初めてといわれた新しい建築様式でした。


1968

ヨーロッパ・ジャノメミシン(現ジャノメUK)株式会社を設立しました。


1969

台湾・ジャノメミシン(現:ジャノメ台湾)株式会社を設立しました。

オーストラリア・ジャノメミシン(現:ジャノメオーストラリア)株式会社を設立しました。


1970

学生向けの夏休みジグザグ教室を全国一斉に開講しました。


1971

【産業機器】インプリンター発売

クレジットカードにエンボス加工された文字を伝票に刷り込む機器で、初の国産機。
クレジットカードの普及と共に需要が増加し、多くの国内大手カード会社に採用されました。

当時の様子

当時の様子

  • ボウリングがブームに。早朝ボウリングの後、会社に出勤する若者が出現。
  • ホットパンツ、パンタロンが流行。
  • 当時の初任給は、41,400円(公務員上級職)。

1976

【ミシン】813型、エクセル:146,000円

ジャノメが国内主力機種でフリーアームを採用した最初の機種。また、カムを内蔵。ツーステップボタンホールの機能も加わり、実用性はバツグン。
機械式ミシンの最高機種といわれました。

当時の様子

当時の様子

  • 子供たちの間で「ビックリマンチョコレート」が大人気に。
  • カラオケが登場。ブームに。
  • 当時の初任給は、86,000円(公務員上級職)。

家庭用全回転釜の開発で「科学技術庁長官賞」を受賞しました。


1977

カナダ・ジャノメミシン(現:ジャノメカナダ)株式会社を設立しました。


1978

ニュージーランド・ジャノメミシン(現:ジャノメニュージーランド)株式会社を設立しました。


1979

【産業機器】ステッピングモータ

優れた技術と高度な生産システムにより作り出されるジャノメのステッピングモータ。
入力パルス信号の数に比例した角度だけ回転するモータで、その優れた品質と高い汎用性により、OA・FA機器を中心に多く使われており、現在も幅広い分野で活躍しています。

【ミシン】5001型、メモリア:188,000円

日本初のコンピュータミシン。
それまでは、ダイヤルやレバーで調節してきた針と送り歯の動きを、コンピュータで制御。
ここにきてミシンは大きな変革期を迎えました。針の動きは自由自在となり、模様縫いは一気に広がりを見せました。

当時の様子

当時の様子

  • 当時続々と創刊された女性ファッション雑誌の影響で「ニュートラ」「ハマトラ」ファッションがブームに。
  • ウォークマンが発売。爆発的なヒットで、「ヘッドホン族」という言葉が生まれた。
  • 当時の初任給は、98,000円(大卒銀行員)。

1980

【産業機器】真空注型装置

ひとつのモデルを使って型製作から複製まで、低コスト・短期間で行い、開発費と時間を大幅に削減しました。
手軽に精密な複製品が作れる便利さから、様々な業界から注目されました。

当時の様子

当時の様子

  • 第一回全国規模のホワイトデー開催。
  • ファッション業界では「DCブランド」ブームが到来。

1983

【ミシン】6000型、メモリークラフト:208,000円

コンピュータ機能を充実させ、国内外で大好評を博した「メモリークラフト」。
洗練されたその外観は、それまでのミシンのイメージを変えました。
使い易さと豊富な機能により、海外での評判も大変良く、いち早く海外のお客様へお届けするために、空輸により輸出していました。

当時の様子

当時の様子

  • 任天堂から発売された「ファミリーコンピュータ」が大人気に。
  • 東京ディズニーランド開園。
  • 当時の初任給は、109,100円(公務員)。

メモリークラフトが英国でブルーリボン賞、日本ではグッドデザイン賞をそれぞれ受賞しました。


1984

【産業機器】エレクトロプレス1号機「JP-20」シリーズ

精密技術に長けている当社が開発した業界初の小型機。
静かでクリーンな作業環境を実現するDCサーボモータ駆動源の電動プレス。
さまざまな作業条件に合わせられるようシリーズ化され、現在まで高いシェアーを守り続けています。

当時の様子

当時の様子

  • NHK放送朝の連続ドラマ「おしん」大人気に。平均視聴率は52.6%

1987

ジャノメソーイングアトリエ「TASTY」を開店しました。


1988

【24時間風呂】湯あがり美人発売

24時間いつでも好きなときにお風呂に入れて、水の交換や掃除の手間を省く夢のようなバスシステム。
生活文化の向上に伴い、豊かな社会の健康で生活、且つ快適な「新しいお風呂」を提案しました。

当時の様子

当時の様子

  • 「渋カジ」ファッションが流行。ポロシャツにジーンズといった普段着っぽい組み合わせの若者が町にあふれた。

タイ・ジャノメ(現ジャノメタイランド)株式会社を設立しました。


ページの上へ
Copyright (c) 1999 JANOME SEWING MACHINE CO.,LTD. All Rights Reserved.