私の仕事紹介 産業機器営業部 営業第一グループ 中岡 達也 2015年入社:先輩社員インタビュー | ジャノメ採用

好奇心と熱意が成果を生む。それが営業のやりがいです

自分に合った会社という第一印象が決め手に

産業機器営業部 営業第一グループ 中岡 達也 2015年入社

新入社員研修後に配属された現在の部署で、産業機器製品の国内営業を担当しています。プレス機や卓上ロボット等の販売やアフターサポートが主な業務となり、関東や東北地方のお客さまの元へ伺って製品の紹介や仕様の打ち合わせなどを行う日々です。ジャノメに入社したのは、会社説明会や面接でお会いした方々から受ける雰囲気に好感を持ち、漠然とですが自分に合っている会社だと感じたのが大きな理由でした。就職は業種選びも大切ですが、私の場合は「どんな人と一緒に働けるか」ということも重視していました。実際に働き始めてもその印象は変わることなく、新人が困っていると助け舟を出してくれる雰囲気がありましたし、最初の1年は教育担当として先輩社員が付いてくれて、わからないことは何でも質問できましたので、仕事を覚えていくにはとても良い環境だったと思います。

営業の仕事は相手を知ることから始まる

産業機器営業部 営業第一グループ 中岡 達也 2015年入社

産業機器の営業というとイメージしにくいかもしれませんが、お客さまは自動車関係やスマートフォン等の精密機器関連を中心に、大学や研究機関なども含まれています。珍しいところではお菓子メーカーでも当社の製品が使用されています。業種が多岐にわたるため、それぞれに求められる機能も異なります。適切なご提案のためには、自社の製品知識ばかりでなくお客さまの業界知識なども理解しておく必要があり、そのために大切なのが好奇心だと考えています。お客さまとなる企業やその業界に興味をもち、よく話を聞いて、ニーズを明確にしていく。相手に近づいてきめ細かいコミュニケーションを図ることで、要望に応えるご提案ができ、売上に繋がっていきます。それがこの仕事の大きな魅力だと感じています。さらに、数字には表れなくても、お客さまから使用方法や不具合など様々なご相談を受けて、それに迅速に応えることで「助かりました」と感謝された時にも営業の仕事をやっていて良かったと感じます。

働きやすい環境で、それぞれのチャレンジを

ジャノメは歴史も規模もあり、穏やかな雰囲気の中で働きやすい会社だと感じています。それに加え、多彩な業務において可能性を試すチャンスも豊富にあります。例えば、ミシン、産業機器ともに海外向けの販売が多いので、語学力を活かしたい人には国際営業のフィールドも用意されています。また、若手の意見を受けとめてくれる素地があり、熱意をもって取り組めば周りもサポートしてくれますので、好奇心旺盛な人や、何か新しいことにチャレンジしたい人にとって、希望を叶えられる企業ではないでしょうか。

(2018年1月掲載)

産業機器営業部 営業第一グループ 中岡 達也 2015年入社
前日のメールチェック、電話対応
前日の夜に届いたメールの確認と、お客さまからの製品についての問い合わせの電話対応。
取引先の訪問準備
午後の打ち合わせで使用する資料やデモ機を準備。
お昼休憩
取引先訪問
埼玉県にある車載部品を扱うお客さまを訪問し、エレクトロプレスの仕様打ち合わせ。
帰社、確認事項への回答
帰社後、打ち合わせ時にお客さまからご質問があった製品の詳細な仕様や、希望されている動作に対応できるか等を調べて回答。
注文書の処理等の事務作業も行う。
報告&翌日の準備
打ち合わせの報告書作成と、翌日の打ち合わせの準備をして退社。
この日は同期を誘って夕食へ。

先輩社員インタビュー

募集要項・エントリー
ページトップへ