JP Series 4

サーボプレス JPシリーズ4

さまざまな用途に応じた
ユニット型、コラム型、ヘッド型のラインナップ

主な特長

ラインナップ

加圧能力:0.5kN~120kN (詳細はラインナップ一覧をご覧ください)
種別:ユニット型、コラム型、ヘッド型
クリーンルーム対応:0.5kN/1kN/2kN/5kN/10kN/20kN/30kN/50kN
ラムストローク:
・標準 80mm(0.5kN/1kN/2kN)、100mm(5kN/10kN/15kN)、200mm(20kN/30kN/50kN/120kN)
・ロングストローク 150mm(5kN/10kN/15kN)

消費電力を削減

油圧プレス機、空圧プレス機比1/4~1/5のエネルギー消費

対話方式による簡単で分かりやすい操作

液晶パネルで操作内容を確認

多言語対応

日本語、英語、フランス語、スペイン語、イタリア語、ドイツ語、韓国語、中国語(簡体字)計8か国語に切り換え可能

表示単位切替

mm/inch/N/kgf/Lbf

豊富な加圧モード

「一定速度・設定位置停止」、「一定速度・設定荷重停止」、「一定速度・駆動距離停止」などの加圧モードから選択できる他、これらを組み合せて多段駆動を設定することで様々な動作が可能

PCとの接続

ティーチングデータの設定変更、バックアップ、結果データの保存など

国内規格準拠サーボプレス「JPシリーズ4J」

労働安全衛生規則と併せて改正された「動力プレス機械構造規格」に準拠した仕様です

1工程1停止

運転中は1工程1停止を行います
手動運転モードでは、操作スイッチを放した場合および待機中に動力がOFFになります

安全設計

ブレーキをモータ側(駆動元側)ではなくラム側(駆動先側)に装備することで、万一ベルトが破損してもブレーキによりラムの落下を防止します

設定条件・判定機能

設定条件や判定機能、PCによる結果データの収集方法などは、JPシリーズ4と同じです

ラインナップ

加圧能力:0.5kN~50kN
種別:コラム型・ヘッド型
※クリーンルーム対応の機種も用意しております
※詳細はお問い合わせください

PCソフトウェア:TaS(Teaching and Sampling)System

JPデザイナー ティーチングデータの受信・編集・編集後の送信

  • エレクトロプレスからPCへのティーチングデータの取り込み
  • JPサンプラで取った時系列データのグラフ表示
  • グラフ表示に基づきティーチングデータの判定条件等を編集
  • 編集データのPCへの保存並びにエレクトロプレスへの送信

JPサンプラ 運転結果データの受信並びに保存

  • 運転結果データ(品質管理用データ)のリスト表示
  • 結果データに基づくCPK(工程能力指数)データの作成並びに表示
  • 運転結果データ(時系列データ)のグラフ表示
  • サンプリングデータの条件表示
  • イーサネット対応で複数のプレスから運転結果データを収集
    ※ご使用の環境によって使用できる台数は異なります。

JPレポーター 保存された運転結果データの分析及び報告書の作成

  • 品質管理データのリスト表示
  • 結果データに基づくCPK(工程能力指数)の数値表示
  • 判定値、終了荷重値、終了位置の度数分布(ヒストグラム)表示
  • 時系列結果データのグラフ表示
  • 結果データに基づくCPKのグラフ表示

導入・用途例

JPシリーズ5 圧入判定

鉄球を圧入し、径の違いを圧力の違いで判定する仕組みを動画でご紹介。

詳しく見る

サーボプレス用途イメージ

サーボプレスによる圧入作業の用途イメージを動画でご紹介。

詳しく見る

カシメ作業用途イメージ

サーボプレスによるカシメ作業の用途イメージを動画でご紹介。

詳しく見る
特殊仕様もご相談ください

サイズ・形状などお客様の状況に合わせた特殊仕様製品も対応しております。お気軽にご相談ください。

特殊仕様例はこちら

テスト・トライも可能です

ショールームではテストやトライが出来る実機をご用意しておりますのでお問い合わせください。

サポート