JP Series 5

サーボプレス JPシリーズ5

速度・精度をアップし、通信機能を強化した
サーボプレスのニューモデル

主な特長

設備に組み込みやすい

  • イーサネット標準装備
  • フィールドネットワークは各種規格に対応
  • 低騒音&クリーンな作業環境
  • 油圧・空圧プレスに比べ、ランニングコスト大幅削減
  • 簡単ティーチング

高速稼働で生産性向上

ラム最高速度は最大2.5倍、加速度は最大3.5倍にアップ。(当社比) 業界トップクラスの速度を実現し、サイクルタイムを大幅に短縮

多彩な加圧機能と豊富な判定機能

さまざまな分野で活用しやすいように、加圧機能と判定機能を多数用意

製造品質の向上に寄与する高精度

  1. 荷重精度:±0.8%(FS)*1
  2. 位置繰り返し精度:±0.005mm*2

故障診断のグローバル対応

プリント基板を含めたハードウェアの故障診断が可能
多言語に切り替え可能なので、海外の現地スタッフも対応可能

自動アンプ調整・自動荷重校正

定期的な荷重校正が自動で実行可能 *3

自動アンプ調整・自動荷重校正の接続例

フルクローズド仕様オプション 

リニアスケールを用いてより高精度な加工を実現
※詳しくは、カタログのダウンロード、またはお問い合わせください。

  1. *1 一定環境下において最大荷重の5%以上の範囲の値です。
  2. *2 本体温度が一定の場合の値です。
  3. *3 対応する荷重計についてはお問い合わせ下さい。

システム構成図

PCソフトウェア:JP TaS Ⅱ System

デスクトップ型PCやノート型PCだけでなくタッチパネルPC(HMI)にも対応し、設備に合わせたPCの選択が可能です。

JP5 Designer ティーチングデータの作成・編集・送受信

  • エレクトロプレスからPCへのティーチングデータの取り込み
  • ティーチングデータの作成・編集、エレクトロプレスへの送信
  • ティーチングデータのPCへの保存、並びに印刷
  • JP5 Samplerで取得した時系列データのグラフ表示
  • グラフ表示に基づきティーチングデータの判定条件等を編集
  • 運転中のI/Oをリアルタイムで確認(I/Oモニタリング)

JP5 Sampler (オプション) 運転結果データの受信並びに保存

  • 運転結果データのPCへの取り込み(最小サンプリング間隔 0.25msec)
  • 品質管理用データのリスト表示、時系列データのグラフ表示
  • サンプリングデータのCSV/TXTファイルでの出力
  • 複数のプレスから運転結果データを収集可能

JP5 Reporter (オプション) 運転結果の分析と報告書の作成

  • 品質管理データから平均・標準偏差などの統計量を算出表示
  • 終了荷重値、終了位置の度数分布(ヒストグラム)表示
  • 結果データに基づくCPK(工程能力指数)の表示
  • プログラム毎のプレス稼働結果状況の表示(エラー率・OK/NG数・平均作業時間・平均準備時間 等)
  • HTML形式での報告書の作成

導入・用途例

JPシリーズ5 圧入判定

鉄球を圧入し、径の違いを圧力の違いで判定する仕組みを動画でご紹介。

詳しく見る

サーボプレス用途イメージ

サーボプレスによる圧入作業の用途イメージを動画でご紹介。

詳しく見る

カシメ作業用途イメージ

サーボプレスによるカシメ作業の用途イメージを動画でご紹介。

詳しく見る
特殊仕様もご相談ください

サイズ・形状などお客様の状況に合わせた特殊仕様製品も対応しております。お気軽にご相談ください。

特殊仕様例はこちら

テスト・トライも可能です

ショールームではテストやトライが出来る実機をご用意しておりますのでお問い合わせください。

サポート