株主・投資家の皆さまへ

 平素は格別のご高配を賜り厚く御礼申しあげます。当社は、社会に貢献できる企業を目指し、また社員が働きがいと喜びを感じる会社であるため、企業理念、ジャノメグループ行動憲章に基づいて活動しております。

 当社は2019年度からの3ヵ年を対象とした中期経営計画"JANOME 2021 Navigation for the Future"を策定しています。そこでは、2021年10月の創業100周年を見据えた「新生ジャノメ」への飛躍を核に、主軸の家庭用ミシン事業のさらなる基盤強化と、事業の第二の柱として産業機器事業を成長・発展させることを計画の骨子として活動してまいりました。
 本計画にて、家庭用ミシン事業は想定を上回る成果を上げることができる見込みです。しかし、その一方で産業機器事業は新型コロナウイルス感染症の影響による生産設備投資の抑制を受け、苦しい状況が続いており、現状からの脱却・成長が当面の課題です。
 2021年は現中期経営計画最終年度となりますが、10月の創業100周年を節目に「株式会社ジャノメ」への社名変更を行い、改めてジャノメブランドの認知を図るとともに、その後も永続的に発展・成長し続ける企業を目指してまいります。
 そして、世の中の大きな流れであるSDGsは当社事業にも大きく関わっています。家庭用ミシン事業による「ものづくり」文化は、教育・省資源・豊かな暮らしというSDGs基本理念に則した人々の生活の質的向上に大きく貢献しています。産業機器事業は、自働化による働き方改革・省エネ、そして脱炭素化を提唱する世の中の潮流であるEV関連事業など、当社製品がSDGsの達成に貢献できる用途も多く、これを足掛かりに、家庭用ミシン事業とともに第二の柱として拡充・発展させる所存です。
 これらの事業目標を一歩一歩着実に成し遂げ、新生ジャノメとして社会に貢献することで企業価値向上を図り、すべてのステークホルダーの皆様とより一層良好な関係を築き、信頼される企業であり続けることを目指します。社名変更を契機に、社会の皆様から愛されてきた「ジャノメ」ブランドの認知を推し進め、さらに強固なものにすべく全社員が一致団結して取り組んでまいります。

 株主の皆様のおかれましては、従前と変わらぬご支援ご鞭撻を賜りますようお願い申しあげます。

代表取締役社長 齋藤 真