製品情報

JC-3シリーズ

  • 基本情報
  • ラインナップ一覧
  • 主な仕様

カタログ・外形寸法図・ダウンロード お問い合わせ

主な特長

  • オールインワン
    直交ロボット『JC-3シリーズ』は、多彩な機能と使い易いシステム内蔵の専用コントローラと、豊富なストロークサイズを持つ各軸を組み合わせたロボット本体をセットにしたシリーズです。
    卓上ロボットのように設置セッティングが容易であり、面倒な設定がいらないティーチングペンダントを用いた対話式の簡単ティーチングが可能です。
  • インラインの塗布ロボット・ねじ締めロボットに最適
    ねじ締め作業用塗布作業用に適した様々な便利機能を組み込んだ専用ソフトを用意していますので塗布用途・ねじ締め用途でご使用の場合、設定時間を大幅に短縮することが可能です。また、汎用性の高い標準用ソフトも用意しております。
    豊富なインターフェースを有し、外部装置との接続が容易に行えます。
    簡易PLC機能を内蔵しているので、簡単な信号のやり取りはPLCが不要です。
  • ニーズに合った的確なモータを使用
    X軸・Y軸にフィードバック制御のステッピングモータを使用。最大可搬質量8㎏、最大加速度5000㎜/s2、最高速度800㎜/sを実現しました。
  • 充実した通信機能
    LAN(Ethernet)ポート、3つのCOM(RS232C)ポートを標準装備。オプションでフィールドバスを搭載可能です。(CC-Link、DeviceNet、PROFIBUS、EtherNet/IP、PROFINET、CANopenより選択)
    PLCからプログラム番号を指定し動作させることはもちろん、座標を指定し移動させることや、プログラムの座標を書き換える事も可能です。
  • ビジョンシステムを容易に導入可能
    ますます微細化する製造作業に合わせ、カメラ機能を強化しました。
    従来からの便利な位置補正機能に加え、自動キャリブレーション機能カウンタ付CCDカメラ補正機能などの機能を追加しました。
  • 最大4軸+外部2モータを制御:補助軸機能(オプション)
    ステッピングモータやサーボモータなど「パルス列入力タイプ」の装置2個までを、ロボットの軸を扱うのと同じようにティーチングペンダント上でティーチングできます。「ターンテーブルを設置し、ワークの向きを変える」「コンベアを設置し、ロボットから制御する」など使い道はさまざまです。
  • 簡単ティーチング
    専用のシステムソフトウェアによって、「ねじ締め作業」でも「塗布作業」でもティーチングが簡単。PCソフトウェア「JR C-PointsⅡ」を使えばDXFファイルやガーバーデータなどをもとに、ティーチングデータを作成することが可能です。
    ジョグ動作でティーチングを行えるティーチングペンダント(オプション)も用意しました。
  • ティーチングペンダントは11種類の言語に対応
    海外でもより多くのスタッフが利用できるように、ティーチングペンダントの表示言語は日本語、英語、フランス語、スペイン語、イタリア語、ドイツ語、韓国語、中国語(簡体字・繁体字)・チェコ語・ベトナム語の11言語から選択可能です。
  • 原点復帰が不要(アブソリュート仕様*1
    現在位置を記憶しているため、原点復帰による干渉の心配がありません。
    *1 アブソリュート仕様は3軸機のみとなります。

特殊仕様 テスト&トライ

標準仕様以外のご要望の際はお問合せ下さい。   弊社ショールームにテストやトライが出来る実機をご用意しておりますのでお問合せ下さい。
特殊仕様一覧はこちら お問い合わせはこちら

 

システムソフト

初心者からプロフェッショナルまで使える当社オリジナルのシステムソフトを内蔵
アプリケーション別の専用ソフトなので初心者でも簡単ティーチングが行えるほか、コマンド群をさらに充実させ、多彩なコマンドを使用することも可能です。

カメラの自動キャリブレーション

ビジョンシステムを用いて位置補正を行いたい場合、今まで手間のかかっていた、カメラのキャリブレーション(カメラの座標をロボット座標に変換)が、カメラ側のキャリブレーションマーク登録を行えば、あとは自動で行えるようになりました。

お使い頂けるカメラ*2
メーカー 型式
Panasonic A110・A210
PV300
PV500・PV200
Keyence  CV3000・CV-X100

*2生産が終了している場合もございます。詳細はメーカーにお問い合わせ願います。

カウンタ付CCDカメラ補正機能

カメラで位置補正を行いながら作業をする機能を強化。ロボットに最大3,000個の補正値を取り込めるので、パレット上に並べられたワークピースに作業を行う場合、「撮像」→「作業」→「次のワークピースの撮像」→「次のワークピースへの作業」・・・、の繰り返しではなく、「連続して撮像」→「連続して作業」が可能となり、作業時間短縮に大変有効です。

動画コンテンツはこちら
全プログラム共通設定

全てのプログラムに同一設定を行うことの多い「作業原点」「ソフトリミット」「PTP駆動条件」などの項目で共通設定が行えるようになりました。設定を一回行うだけでよいので、ティーチング時間の短縮や条件見直し時に役立ちます。もちろん、任意に個別設定に切り替えることもできます。

4軸ニードルアジャスタ機能

塗布機でノズル先端位置を記憶しておくことで、ノズル交換やシリンジ交換でノズル先端に位置ズレが生じた場合、そのズレ量を検出・補正し、交換前と同じように塗布が行える「ニードルアジャスタ機能」が、従来の3軸機に加え、4軸機でも行えるようになりました。シリンジ交換時のノズル位置の調整に手間取っている場合は是非ご利用ください。

動画コンテンツはこちら
エラー履歴

エラーの発生日時が表示可能になりました。
発生時間の特定も出来ますので、エラー原因の解析にも役立ちます。
エラー履歴は、直近の1,000件分保持できます。

簡易PLC機能

ロボットの機能とは独立して動作する簡易PLCを内蔵しているので、外部機器との簡単なやり取りであれば別途購入する必要はありません。

カスタマイズ機能

ポイント作業データでよく使う命令列を登録したり、お客様独自の専用ソフトを作成することも可能です。

PCソフトウェア「JR C-PointsⅡ」(オプション)

PCソフト『JR C-PointsⅡ』は、ティーチングデータやカスタマイズデータの作成・編集・保存をパソコン上で行えるジャノメオリジナルのプログラム入力システムです。
表計算ソフトのようにポイントデータのコピー&ペーストを行えたり、数値入力によるポイント設定や、ポイント作業命令の作成・編集が難なく行えます。 また、「ポイントグラフィック編集機能」で経路データを図形としてグラフィカルに作成・編集が可能になり、更に便利になりました。
「JR C-Points」のティーチングデータを、「JP C-PointsⅡ」用データに変換してお使いいただけます。

プログラミングエリア

プログラミングデータは、直接数値を入力、編集することも可能。

基本操作エリア

アイコンを用いて、簡単にプログラミングの作成が可能。

カメラ映像表示エリア
※USBカメラ接続時

クリックした位置が画面の中央になるようにロボットが移動。(3軸機のみ)

ロボット操作エリア

操作アイコンを用いてジョグ操作が可能。

USBカメラによるカメラティーチング

市販のUSBカメラ*を接続することにより、PC上の拡大映像よりポイントを指定、アイコンを選ぶだけで簡単、正確なティーチングが可能です。

*対応可能なUSBカメラについてはお問い合わせ下さい。

ポイントグラフィック編集機能

■取り込んだ背景画像データ(JPEG)・DXFデータ・ガーバーデータをもとに、点・直線(線分)・円・円弧を描画できます。動的アプローチでは困難な位置決めをPC上で正確に行うことが可能です。

■方向指定によるソート機能
複数のパスがある場合、書き順をパス開始点の順に並び替え、サイクルタイムの短縮が期待できます。

■自動円弧作成機能
角に指定した半径でRを付ける機能が付いて、さらに編集しやすくなりました。

座標データで正確なポイント設定


DXFデータをもとにポイントを設定すれば位置データが正確

背景画像データを参考にポイント設定


JPEG画像を参考にポイント設定

方向指定によるソート機能


ポイント間の移動距離が大きいので「左から順」でソート

自動円弧作成機能


連結点をクリックし、Rの半径を指定

アプリケーション対応

ねじ締め、塗布の専用ソフトを取り揃えています。

ねじ締め仕様

ねじピッチ・長さ、ドライバー回転数などのねじ締め条件を作業位置に設定するだけで、簡単に作業プログラムを作成できます。

  • ねじを締めるだけでなく、ねじ緩め、仮入れなどのティーチングも簡単に行えます。
    (緩める動作はドライバー側が対応している必要が有ります。)
  • ねじ締めエラー検出機能
    「ねじ浮きエラー検出機能」、「ねじ空転エラー検出機能」、フィーダーにねじが無いとき一旦停止する機能など、ねじ締め専用ソフトならではの便利な機能があります。
塗布仕様

点塗布、線塗布などのさまざまな塗布条件を作業位置に設定するだけで、簡単に作業プログラムを作成できます。

  • 塗りつぶし機能
    矩形は2点、円は3点の少ないポイントで図のような塗りつぶしが可能な便利機能
  • 捨て打ち機能
    原点待機時、捨て打ちを周期的に繰り返す「自動捨て打ち」が可能。また、塗布剤を好きな時に吐出させる「捨て打ちスイッチ」をオプションで追加可能。
  • 欠け防止
    線塗布開始時の欠けや、線塗布終了時の塗布剤の飛散を防ぐため待ち時間を設定できます。

アプリケーション例

ねじ締め

ねじ締めユニットを取り付けた例

ディスペンス

ディスペンスユニットを取り付けた例

バリ取り

バリ取りツールと下方集塵機を取り付けた例

カタログ・外形寸法図・ダウンロード お問い合わせ