製品情報

卓上ロボット JR3000シリーズ 基板分割仕様

JR3000シリーズ 基板分割仕様

JR3000シリーズをベースとし、
基板分割専用のオリジナルソフトを搭載したルーターカット方式の基板分割機

  • 特長
  • ラインナップ一覧
  • 主な仕様
  • 滑らかな切断面
    高性能ロボットの滑らかな軌跡(CP制御)に加え、ルーターカット方式の採用により、基板へのストレスが少なく、きれいな切断面を実現。
  • 刃物の交換時期が分かる便利機能
    ・切断時にかかるトルク量をインジケータで表示。
    ・自由に交換タイミングを設定できる「お知らせタイマー」。
  • 安全機能
    ルーターへの過負荷が一定時間以上続いた場合や、ロボットの位置ズレを検知すると、緊急停止する安全機能を搭載。
  • オリジナル簡単ティーチング - PCソフト『JR C-PointsⅡ』(オプション)
    ※ティーチングデータやカスタマイズデータの作成・編集・保存をパソコン上で行えるジャノメのオリジナルプログラム入力システムです。
  • 簡単・分かりやすい大きなアイコン

    画面上の大きなアイコンを用いて、簡単に切断プログラムの作成ができます。

    プログラミングエリア

    プログラミングデータは、直接数値を入力、編集することも可能。

    基本操作エリア

    アイコンを用いて、簡単にプログラミングの作成が可能。

    ロボット操作エリア

    操作アイコンを用いてジョグ操作が可能。

    USBカメラ(オプション)によるカメラティーチング

    USBカメラを接続することにより、PC上の拡大映像よりポイントを指定、アイコンを選ぶだけで簡単、正確なティーチングが可能です。

    USBカメラ(オプション)によるカメラティーチング
    ←クリックした位置が画面の中央になるようにロボットが移動!
    ポイントグラフィック編集機能

    DXFファイル、ガーバーデータ、jpgファイルを取り込み、点・直線(線分)・円・円弧を描画することができる機能。

    動的アプローチでは困難な位置決めをPC上で正確に行うことができます。

    ポイントグラフィック編集機能

    DXFファイル、ガーバーデータについてはそれぞれが持つ座標情報を編集することができます。

    ツールオフセット機能

    刃物の太さを指定すると、その半径分の軌跡をオフセットさせる機能。
    DXFを基にして、より簡単に切断プログラムを作成できます。

    元データ
    オフセット
    ツールオフセット機能
    多言語対応

    PCソフトの言語は日本語、英語、ドイツ語、中国語(簡体字・繁体字)で切り替え可能です。

  • ティーチングペンダントは11種類の言語に対応
    日本語、英語、フランス語、スペイン語、イタリア語、ドイツ語、韓国語、中国語(簡体字・繁体字)、チェコ語、ベトナム語と表示言語の切り替えが可能。
  • 上方集塵方式
    切削粉はルーターのノズル部から吸い込み、フィルタボックスに溜まる集塵方式を採用。
    多くの工場で使われる圧縮空気を利用することで、コンパクトな集塵設備で設置場所に困りません。
  • 余裕のプログラム数
    カットプログラムは最大999プログラム、32,000ポイント。
    多品種・少量生産に最適。

カタログ・外形寸法図・ダウンロード お問い合わせ