製品情報

卓上ロボット JR3000シリーズ カメラ搭載塗布仕様

  • 基本情報
  • ラインナップ一覧
  • 主な仕様

カタログ・外形寸法図・ダウンロード お問い合わせ

主な特長

  • オールインワンパッケージロボット
    精密塗布を必要とするワークに対応するため、剛性・精度の高いJR3000シリーズと、マシンビジョンに最適なカメラ・レーザー変位計・ニードルアジャスタとを合わせ、1つのパッケージにしました。
  • かんたん設定
    これまで煩雑だったカメラのキャリブレーションやセンサーの設定、ティーチングまでを、1つのPCソフトで誰でも簡単に行えるようにしました。
  • かんたん操作
    PC画面は「プログラムエリア」「カメラ画像エリア」「基本操作エリア」「ロボット操作エリア」を一画面に集約した明瞭なインターフェースで、誰でも簡単に操作ができます。
  • 3種類の補正機能による高精度塗布
    ・カメラによるX,Y方向の位置補正
    ・レーザー変位計によるZ方向の高さ補正
    ・ニードルアジャスタによるノズル先端の位置ズレ補正
    これら3種類の補正機能で常に安定した塗布を実現します。

その他ロボットの主な特長についてはJR3000シリーズの製品情報をご覧ください。

PCソフト「JR C-Points Ⅱ」カメラ搭載塗布仕様

キャリブレーションやセンサーの設定などの初期設定から、補正プログラムの作成やモニター映像での位置設定など、すべての設定がPCソフト上でできるカメラ搭載塗布仕様専用のソフトウェアです。

明瞭な画面構成

■カメラ画像エリア
拡大したカメラ画像で精密な位置指定が可能。カメラ画像をクリックすると、その位置が画像の中心になるようにロボットが動作。

■ロボット操作エリア
カメラ画像を見ながらジョグ操作。

■プログラムエリア
ポイント別のプログラミングデータを表示。直接選択して、値を編集することも可能。

■基本操作エリア
プログラミングはアイコン選択方式で、誰でも簡単にプログラミングが可能。

明瞭なインターフェース
動画コンテンツはこちら
自動キャリブレーション

捨て打ちした跡をカメラで写すだけで自動キャリブレーションを行います。
(十字マークでニードル位置を合わせ、カメラで撮影する方法もあります。)

自動キャリブレーションのイメージ図
簡単ティーチング

ティーチングはJOG操作で移動し、カメラ画像で位置を合わせて作業内容のアイコンを選ぶだけ。誰でも簡単にプログラムできます。

簡単ティーチングのイメージ図
アイコン

アイコンの一例

線塗布開始点 カメラワーク
補正撮影点
点塗布 Zセンサー
線塗布開始点

プログラム時によく使われる30種類以上の設定が大きなアイコンになっていて、位置補正も簡単にプログラムできます。

補正機能

カメラ補正イメージ図

■カメラ補正
ワークがズレても補正しながら塗布作業。

連続高さ補正イメージ図

■連続高さ補正
レーザーセンサーでワークの高さを連続測定。塗布面の高さが変化するワークでも一定のクリアランスで正確に塗布を実現。

ニードル補正イメージ図

■ニードル補正
ノズル交換などでニードル先端が位置ズレしてもニードル先端を自動検出して補正。

動画コンテンツはこちら

その他ロボットの便利な機能については、JR3000シリーズの製品情報をご覧ください。

テスト&トライ

弊社ショールームにテストやトライが出来る実機をご用意しておりますのでお問合せ下さい。

カタログ・外形寸法図・ダウンロード お問い合わせ